music << フー・アム・アイ?
フーアム・アイ?

フー・アム・アイ?

Who am I ?
cosmos records/CMCA 2003/2000年(1996年)
2,800円(税別)

1995年東京吉祥寺のマンダラ II でのライブを収録。
みつ・えいじと3人で織りなすあたたかいハーモニーが魅力。
沢 知恵、原点の1枚。

Tracklist:

01 リッスン・トゥ・マイ・ヴォイス (沢 知恵:詞/曲)
02 恋のはじまり (沢 知恵:詞/曲)
03 私はだれでしょう (沢 知恵:詞/曲)
04 公園 (沢 知恵:詞/曲)
05 初めて出会った日から (沢 知恵:詞/曲)
06 こころ (キム・ドンミョン:詩/キム・ソウン:訳/沢 知恵:曲)
07 パパとママの恋物語 (沢 知恵:詞/曲)
08 あなたにとって (沢 知恵:詞/曲)
09 シング・ユア・フリーダム・ソング (沢 知恵:詞/曲)
10 つちにかえる (沢 知恵:詞/曲)
11 愛は風のように (ボーナストラック) (安藤芳彦:詞/沢 知恵:曲)
12 サンシャイン・トレイン (ボーナストラック) (ボビー・サンドストーム, マイク・プライス:詞/曲)

【公式サイト リニューアル記念 沢知恵CD自己紹介キャンペーン開催中】

※キャンペーン期間中、コモエスタ通販でお買い上げ2,500円(税別)ごとに、特製イラスト・ポストカードを1枚プレゼントします。

歌手デビューは1991年ですが、気持ちとしてはこの〈フー・アム・アイ?〉がデビュー作です。その間、ラジオの仕事がメインで、人前でうたう機会はあまりありませんでした。1995年、無事大学を卒業。「北朝鮮のイデオロギーと音楽」という卒業論文を書いたら、思いあふれて《シング・ユア・フリーダム・ソング》が生まれました。阪神淡路大震災の直後です。

すでに大手レコード会社や事務所との契約が切れ(切り?)、さあ、これから人生どうしようというとき。縁あって吉祥寺のMANDA-LA2でライブをやるようになり、何人かの人と共演した末、3人バンドになりました。当時私がおつき合いしていた人のバンド仲間というか先輩にあたるのが間沢英二さんで、そのお友だちが平田光宏さんです。数年間、活動をともにしました。

えいちゃんとみつさんについては、うまくことばにできる自信がないのとで、ゆるしてください。ひとことで言うと、こんなピュアな信頼関係を得られたことは、あとにも先にもありません。大好きなでした。うた心あふれる二人は、いつもフフフ~ンと口ずさむ私のうたを聞いて、適当に合わせてくれました。コーラスもバッチリうたってくれました。感謝の気持ちでいっぱいです。

そんなライブ活動をしていることを知ったプロデューサーの澤田信二さんが、「録音しようよ」と勝手に機材を持ち込んでできたのが、この〈フー・アム・アイ?〉です。澤田さんはフリーのプロデューサーとして私のデビュー前からかかわっていて、つかず離れず気にかけてくれていました。そして1996年2月、澤田さんのレーベルSEAレコーズから、「みつ・えいじ&ともえ」の〈フー・アム・アイ?〉として発表しました。

その後、私がコモエスタを設立し、コスモスレコーズを立ち上げ、2000年に2曲加えて再発売しました。CM曲になった幻のデビュー・シングル《愛は風のように》とデビュー・アルバムの《サンシャイン・トレイン》をアコースティック・バージョンです。

アルバムのタイトルは、デザイナー・チームが決めてくれました。このこまっしゃくれた小学生の私の写真を見て、「Who am I?」がいいよ、って。アメリカで撮った写真です。《私はだれでしょう》は、いわゆるアイデンティティー・ソングみたいに思われていますが、実はあのうた、レコード会社で「あなたは何ものですか? だれですか?」とたびたびたずねられてつくったうたなんです。マーケティング会議で「対象は女性ですか? 男性ですか? 何歳くらいですか?」と聞かれ、私は「全部です」と答え、場をしらけさせました。ああ、これじゃ売れないよー、とだれもが思ったでしょう。いま聞かれても同じだな(笑)。「全部です。」

《こころ》の初収録はこのアルバムです。できたてほやほやのテイクです。いま聞くと、えらくはやくうたっています。ことばを伝えたくて、前へ前へ気持ちがいったのでしょう。うたっている途中、鼻をグシュグシュさせている人がいたので、今日は風邪をひいている人が多かったのかなと思ったら、アンケートに「《こころ》で泣きました」という声がたくさん。びっくりしました。当時曲作りを本格的に始めて、《こころ》はそのうちの一つでしかなかったのに、《こころ》のときだけちがうんです。このうたのもつ特別な力は、お客さんに教えてもらいました。

マイ・ベスト3 

1 つちにかえる 沢知恵:詞/曲
サビだけ英語のうたがやたら流行っていたので、サビだけ日本語のうたをつくってみたかったんです。ラジオで毎週大阪に通う新幹線の車窓を眺めていたら、「つちにか~える~」と口ずさんで。日本は東京しか知らなかったけど、土が多いんだなあ~って。

2 公園 沢知恵:詞/曲
春夏秋冬の上野公園を歩きながら、いっぱい揺れ動いた日々。アルバム〈一期一会〉のも好きだけど、これ聞くと青春の思い出でキュ~ンときます。

3 アドリブ・ソング 沢知恵:詞/曲
曲名にはなっていませんが、《つちにかえる》のあとにアカペラでうたっています。「アンコールをありがとう、何をうたおうかしら、今日は何も決めてなくてごめんなさいっ!」これをそっくり真似してうたう子どもに何人出会ったことか。うれしいな。
Tomoe

Tomoe Sawa
© Tomoe Sawa

Profile

沢知恵については、ウィキペディア
ごらんください。

Facebook

ほぼ毎日更新しています。
最新情報をふくめ、こちら をごらんください。

YouTube

沢 知恵公式 チャンネル

Top